コラム
豆知識

ペット葬で用意するお花の選び方について

2018.11.22

ペットの棺に入れるお花の選び方

一般的にお葬式には白色の花を用いるというイメージがありますが、ペット葬に関しては必ずしも白である決まりはないです。白い花だけだと何だか寂しいと感じる場合、色のあるお花を添えるのが良いでしょう。花言葉にちなんだお花を選ぶのも良いですし、ペットとの思い出のあるお花やイメージカラーに合ったお花を選ぶのもお勧めです。バラのように棘のある花は好ましくないと思う方はいるかもしれませんが、基本的に飼い主さんが好きな花を選んで供える分には問題ありません。ペット葬ではこれは供えてはいけないという花の決まりは特にありませんので、自分達の好き好きでお花を選ぶことができます。もちろん、時期によっては希望の花が手に入らない場合もありますので、その点も考慮してお花を選ぶことが大切です。もし自分で選ぶのが難しいと感じる場合は、直接お花屋さんに問い合わせてみるのも良いでしょう。

おススメのお花

ペットのお供え用のお花におススメなのは、時期を選ばす手に入りやすいカーネーションです。カーネーションは色のバリエーションが非常に豊富ですし、その花言葉は「無垢で深い愛」とあるので、愛するペットに贈るのに最適のお花を言えます。ペット葬儀では、人の葬儀とは違いカラフルな花を選ぶ方が多いので、色とりどりの鮮やかなカーネーションを供えれば亡くなったペットも喜んでくれることでしょう。

次にお勧めなのは、カーネーションと同様に色のバリエーションの多いガーベラです。ガーベラの花言葉は「希望」「前進」といった意味がありますので、ペットとの惜別の悲しみを乗り越えて「私たちは元気でがんばるから安心してね。」という思いをペットに伝えるのにぴったりでしょう。

また、甘く優しい香りがするスイートピーもペットに贈る花として人気があります。スイートピーの花言葉は「優しい思い出」や「門出」といった意味がありますので、ペットに供えるお花にお勧めです。

棺に入れるお花の量について

棺の中に入れるお花の量は、ペットの大きさによって変えましょう。棺が小型の場合は大きな花束は入りきらないですし、反対に棺が大型の場合は、一束の花を添えるだけでは何だか寂しく見えてしまいます。ペットと棺のサイズを考慮に入れて、自然に見えるように適度な量のお花を供えるのが良いでしょう。お花の他にも供えたいものがある場合は、そちらを優先してお花の量を控えることもできますし、花びらだけを敷き詰めることもできます。基本的に自分たちの好きなようにお花の量はアレンジすることができますので、お花の量が少なすぎることを懸念したり、見栄えが悪いと感じる必要は特にないと言えます。自治体に火葬を頼む場合は、遺体に添えられる花の量が決まっていることがありますので、まずは火葬業者に具体的な希望など相談してみることが良いでしょう。

お供え用のお花を選ぶ時の注意点

ペットの葬儀で供えるお花に特に決まりはありませんが、以下のことには注意しておきましょう。

まずはじめに、色が濃すぎるお花を棺に入れてしまうと、火葬の際にペットの骨に色が移ってしまう恐れがあります。華やかにしたいので濃い色のお花を添えたいと言う方は、数本だけ添えるなど遺骨にお花の色が移らないような方法を選ぶことが大切です。

二つ目に、庭に咲いているお花を棺に入れたいという場合は虫がついていないか確認しておくことが大切です。すぐに火葬する場合は気にしなくても良いですが、そうでない場合は遺体が虫のせいで傷んでしまう場合があります。

三つ目は、蕾状態の花よりも綺麗に開いている状態の花を選ぶことです。人の葬儀でも同じように蕾状態の花を添えることはありませんので、ペットに贈る花は1番綺麗に咲いている状態の花が良いでしょう。