コラム
豆知識

ペット葬に参列する場合、服装はどうすればいい?

2018.11.22

ペット葬の服装に悩んでいる人は意外と多い

ペットは大切な家族だと考えている飼い主が増えている中、亡くなってしまったペットを悼んでペット葬を執り行う人も増加傾向だとされています。そんなペット葬に呼ばれたものの、実際にどのような服装で参列すればいいのかわからないと悩んでいる人も少なくありません。

実は一般的な葬儀と違って、ペット葬に関するマナーやルールは特に決まっていません。このためどのような服装で参列するのがマナーなのか明確にされていないので、基本的には参列する人の判断に任されています。このため喪服で参加するのがいいのか、普段の服装で参加するのがいいのかわからず困っているというケースは多いと言われています。

また喪服と普段着のどちらの服装で参列しても失敗してしまったという事例もあるので、より悩みを抱えてしまう人が多い問題として議論されています。

普段着で参列してもいいのか

葬儀と聞くと一般的には喪服で参列するのが常識なのですが、ペットの葬儀に喪服は大げさなのではないかと考えている人もいます。またペット葬の普及と比較すると知識を持っている人が少ないですし、ペット葬そのものに馴染みがない人が多いです。このため身内だけで執り行うこじんまりとした葬儀をイメージして、普段着で参列するという人も珍しくないと言います。

ただペットの葬儀に普段着で参列するのはあまり推奨されていないため、注意が必要です。実はペット葬を行う側からするとペットも人間も同じ扱いなので、普段着で参加すると喪主から顰蹙を買ってしまう恐れがあります。特に喪主など飼い主が喪服で参加しているケースが多いですし、葬儀会場も人間と同じ場所で執り行われる場合がほとんどです。

このため普段着で参列してしまうと浮いてしまう可能性があるので、できれば喪服で参列するのがよいと言われています。

喪服で参列する場合の注意点

ペット葬に参列する場合、人間の葬儀と同じように喪服で参列するのが無難です。

ただ喪服は大げさすぎると感じている人の場合は、無理に喪服にするのではなく黒をベースとした服装でもいいのではないかと考えられています。黒ベースであれば最低限のマナーは守られるので周囲から浮くこともありませんし、喪主である飼い主に迷惑をかける心配もありません。また動物の毛皮やアクセサリーなど目立つものは身につけないようにして、派手な服装にならないように注意しておきます。

このように喪服とまではいかないものの、人間の葬儀の時と同じか準じた服装を意識しておけば基本的に失敗することはないでしょう。それでも服装について悩んでいたりわからない場合は、素直に喪主である飼い主に直接確認したりほかの参列者に確認しておけば安心して決められます。

基本は人間の葬儀と同じ気持ちで

ペットの葬儀と聞くと戸惑いを感じたり、よくわからないと不安を抱えてしまいます。特に初めて参列する人にとってはどのようなことをするのかわかりませんし、服装について悩んでしまうのも当然のことです。

ただここで意識しておきたいのが、ペット葬を執り行う飼い主にとっては人間の葬儀と同じ気持ちであるという点です。中でも年配の飼い主であれば葬儀のマナーについて厳しい考えや意見を持っている人も多いので、人間と同じように扱ってほしいと考えている人もいます。

このためペット葬に参列する人には、人間の葬儀に参列するのと同じ気持ちで服装を考えることが推奨されています。また人間の葬儀のマナーや服装がよくわからないという人は周囲の人に確認するなど、事前に勉強しておくのも必要です。そうしてマナーを守った服装で参列すれば自分だけではなく喪主である飼い主の名誉も守れるので、ペットか人間かではなく葬儀の場であることを意識しておくのことが大切だと言えます。