コラム
豆知識

ペットのお葬式を頼みたい、知っておきたい火葬場所と対応時間

2018.11.22

急なペットとの別れペットのお葬式はどこでやる?

ペットと共に幸せな暮らしを送っておられる方は数多くいます。ですが、出会いがあれば別れも必ずあります。

ペットのお葬式という問題は避けられないものです。

ですが、会社に今日はペットのお葬式を行うので休みをくださいとは言いにくい。仕事が忙しく朝方や深夜でないと時間をつくれない。そんな悩みを抱える飼い主さんは多いです。

ではどこに頼めば納得いくお葬式ができるのか、葬儀の時間など柔軟に対応してくれるのかが気になるところです。

大きく分けて火葬を行えるのはペット火葬を扱う民間の葬儀会社と自治体の2つになります。

ペット葬儀業者の扱う訪問ペット火葬ではご自宅に近い場所で火葬することもできますし、ペット霊園に出向いて立会のもと火葬することもできます。

自治体に依頼する場合は、自治体によって差があり、近隣の自治体に問い合わせる必要があります。

どんな葬儀をしてもらえるのか?

訪問ペット火葬ではご自宅に火葬車が向かい、葬儀に適した場所でそのまま火葬が行われます。

火葬車ではありますが個別に立ち会いのもと正式な手順で行え、それすら難しいのであれば、ご遺体を引き渡し後日返骨してもらう方法もあります。

ただ葬儀をすべて一任した合同火葬を選んだ場合、ほかのペットと共に葬られるので返骨されないことには注意です。

ペット霊園であれば、個別火葬にして出棺からお見送り、お骨拾いし納骨まで行う人に近い葬儀を行うことも可能です。

忙しくてどうしてもペットを火葬するための時間がとれない場合、訪問ペット火葬などを利用するといいですし、たくさんの参列者を呼ぶ、もしくは一般的な葬儀をペットにもしたいのであればペット霊園を選ぶといいでしょう。

一方、自治体での火葬を行う場合には、ペットには人間の法律が適用されないことに注意です。

ペットの遺体は一般廃棄物として扱われ、葬儀の質もそれにならったものとなります。

ペット火葬の対応時間

ペットが亡くなったら火葬してあげる必要がでてきます。でも生き物ですからその死期を予測することは難しいでしょう。

大抵の場合、葬儀の申し込みは急なものです。では一体いつ対応してもらえるのでしょうか?

一般的な霊園であれば朝早く開き、夕方には閉まります。訪問火葬の会社であれば深夜から早朝にかけて対応しているところもあります。

具体的には霊園などは朝は9時前後から業務開始、夜の18時から22時の間には終了しています。

電話対応だけなら24時間対応しているところが多く、訪問ペット火葬であれば葬儀でも24時間対応しているところもあります。

ペット霊園についていえば、電話では24時間対応していても葬儀まで24時間対応しているところはほぼないです。

理由としてはお経をあげるお坊さんの手配など、霊園だけでなく周囲への配慮が必要だからです。

葬儀の日取りについては柔軟に対応しているところが多く、友引や仏滅など暦を気にするよりも仕事との兼ね合いを重視してくれます。どちらかといえば霊園の休園日の有無などが問題です。

焦らずに余裕をもって納得いく葬儀を行いましょう

ペットの葬儀を行うにあたっては、納得いく葬儀であるかが重要です。

自宅で行うのか、霊園で行うのか、別れの儀式をどのようにするか。共同の墓地に葬るか、石碑を建て個別のお墓に埋葬するか。

お墓参りなど葬式の後のことも考える必要があります。

そのためにはペットの火葬の内容をしっかりと確認した上で、家族がきちんと葬儀に参加し、納得いく別れができるように各人の予定に配慮した日取りが大事です。

なかなか都合がつかなければ、ペットの遺体を葬儀の日程が決まるまで安置する手段もあります。

遺体の安置方法については葬儀業者に相談すれば快く教えてくれます。

焦って無理な日取りで、よくわからないまま後悔の残るお葬式はするべきではないでしょう。

ペットとの大切な別れの儀式ですから、家族の誰にも心残りのないよう余裕をもって計画しましょう。