コラム
豆知識

ペットのお悔みに最適な花や供物について

2018.11.22

大事なペットを亡くすということ

家族同然のペットを亡くすということは、飼い主にとって深い悲しみをもたらします。ペットロスという言葉からもわかる通り、悲しみのあまりうつ状態に陥る人も多く存在する程です。周囲の人ができることは、無理に励ますのではなくその悲しみに寄り添って話を聞いてあげることです。また、ペットの供養のために悔やみの品物をプレゼントするという方法もあります。このプレゼントには、飼い主の心労を労わるという意味もあります。お悔やみの贈り物をする際には、少しでも飼い主の心が軽くなるように気持ちを和らげてくれるような品物を選ぶようにしましょう。一般的に、ペットのお悔やみの品として選ばれているのは花の贈り物です。その他、ペットの供養に役立つグッズなども選ばれています。飼い主の趣味などにも考慮しながら、相手の気持ちを考えて上手に選ぶことが大事です。

お悔やみに向いている花

ペットのお悔やみ用の花として、花束やバスケットの形にアレンジメントされた花が販売されています。白を基調として淡い色の花が寄せられており、ブルー系やピンク系など様々なカラーバリエーションがあります。カラーについては個別に選ぶこともできるため、希望のカラーがある場合には注文時に伝えておきます。悲しみの最中にある飼い主に渡す花ということで、あまり派手派手しい色合いの花は避けた方が無難です。末永くその美しさを堪能できるように、生花を加工したプリザーブドフラワーも用意されています。こういった加工花であれば、部屋のインテリアとしても利用することが可能です。いずれの場合についても、贈る際にはペット及び飼い主の名前を添えるようにしましょう。心のこもった手紙を添えることで、相手にお悔やみの気持ちを丁寧に伝えることができます。

お悔やみに向いている供物

花だけでなく何か品物を贈りたい場合には、ペット向けのメモリアル商品がおすすめです。思い出の写真を飾ることができるフォトスタンドの他、ポプリやプリザーブドフラワーを使った置物などがあります。いずれもお悔やみ用としてデザインされているため、優しい色合いで落ち着いた雰囲気となっています。また、お骨を納めることができる飾り壺やペット専用のお供え飾りなどもお悔やみの贈り物として人気があります。お供え飾りについてはドイリーマットやキャンドル立てなどがセットになっており、遺影を飾れるフォトスペースも完備しています。飼い主の趣味もあるため、こういった贈り物を選ぶ際には十分に考えてから選ぶようにしましょう。お供え飾りなどの大きなものは飼い主が既に用意している場合もあるため、事前に必要かどうかを聞いておきます。その他、飼い主の気持ちを癒す意味でその人が好きなお菓子や雑貨を贈るという方法もあります。

花や供物の予算

ペットのお悔やみのために贈るプレゼントの予算は、あまり高額すぎると相手を恐縮させることになります。そのため、予算については程々の所で抑える必要があります。一般的には、3000円から5000円程度の商品が多く選ばれています。この位の予算であれば、程良いサイズの花束が完成します。業者によっては、最初から価格帯ごとに商品の一例を提示している所もあります。Webサイトやカタログの商品一覧を参考にすると、価格帯ごとに具体的なプレゼントの内容を確認することができて便利です。ネットなどで注文して直接先方に届けてもらう場合には送料も必要になることから、その分の費用も考えておかなければなりません。一定額以上の注文で送料が無料になることもあるため、上手に注文するようにしましょう。お店で直接購入する場合には、あらかじめ予算を伝えておくと、その範囲内で購入できる商品をいくつか紹介してもらうことができます。