コラム
豆知識

ペットの火葬にかかる費用

2018.11.22

ペット葬とは?

ペット葬とは、犬や猫などのペットの葬儀を行うサービスのことです。核家族化が進むにつれて、ペットは家族の一員としてかけがえのない存在として扱われるようになりました。それに伴い、寿命を迎えたペットを手厚く葬るという意識が芽生えたのです。ペット葬が流行したのは、住宅事情の変化による所もあります。庭のある一戸建てからマンションなどの集合住宅に住む人が増えたことで、ペットを土葬する場所が持てない家庭が多くなりました。しかし、専門業者に火葬を依頼することで、葬儀に必要な作業が一括して代行されます。火葬後にはお骨を引き取ることができる他、希望すれば専用の霊園や納骨堂で管理してもらうことも可能です。また、希望すれば火葬前に人間の葬儀のようなお別れのセレモニーも開催してもらえるため、心の整理をつけたい飼い主さんたちの間で利用されています。

ペット葬の流れ

具体的なペット葬の流れについて説明をします。まず、ペットが亡くなって最初にすることは、ペット専門の葬儀業者への連絡です。業者によっては自宅までペットの遺骸を引き取りに来てくれる所もあるため、大型犬など体格が大きくて運ぶのが難しい場合でも大丈夫です。その後、何種類か用意された火葬方法から希望するものを選びます。火葬の中で最も大掛かりなセレモニー付きのプランについて説明すると、まず火葬前に僧侶による読経が行われます。特定の宗派を希望する場合には、その業者が対応できるかどうか事前に確認しておくことが大事です。セレモニーの最後に、家族で納棺をして火葬場へと見送ります。納棺の際にはペットの思い出の品や大好きだったおやつを一緒に入れることもできるため、葬儀場に行く前に準備をしておきます。火葬が終わったら家族で骨上げの儀式を行い、自宅に持ち帰るか業者が用意した先に納骨するなどして一連の供養は終了です。

ペットの火葬の種類

一口にペットの火葬と言っても様々な方法があります。一般的にその方法は3種類あり、合同火葬と個別火葬と立会火葬に分けられます。合同火葬とは、他のペットと一緒に火葬するという方法です。この場合は全てのお骨が混ざってしまうため、個別に引き取って供養することができなくなります。そのまま合同で埋葬されることになり、お墓も一つになります。それに対して、個別火葬はそれぞれのペットごとに火葬を行うという方法です。多くの場合は葬儀業者が準備した火葬場で行われますが、自宅で済ませたいという方のために専門の移動火葬車も用意されています。この方法であれば、その場でお骨を引き渡してもらうことができます。立会火葬とは、家族が葬儀業者まで出向いて火葬に立ち会うことを言います。火葬と一緒にお別れのセレモニーもできることから、より丁寧な供養を希望する場合に推奨されています。

ペットの火葬の費用

ペットの火葬の費用はその種類によって異なっており、最も安価なのは合同火葬となります。次いで個別火葬、立会火葬の順で料金が上乗せされていく仕組みです。オリジナルの葬儀を希望する場合には、オプション料金として様々な費用が請求されることになります。また、ペットの体の大きさによっても料金は変動していきます。猫やうさぎなどの小型の動物の場合は低額となりますが、中型犬から大型犬にかけて体が大きくなるにつれて料金も高くなっていくのです。とは言っても、ペットの火葬の場合は人間のそれと比較するとかなり安い費用で済むことになります。業者によって異なりますが、一般的な合同火葬の費用は1万円前後です。ランクが上がるにつれて、5千円から1万円程度加算されることになります。支払いについては現金が基本となっていますが、クレジットカードを利用できる場合もあるため事前に業者に確認しておきましょう。また、一部のペット保険の中には特約で火葬費用が出ることもあります。